×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いらっしゃいませ!!年内発送可能なカニの通信販売ショップ北海道かに通販です。秋から冬の寒い季節の味覚の王様と言えば北海道産のかにです。北海道かに通販では年内に発送できる北海道産のタラバガニや毛蟹、ズワイガニ、そして花咲がにを中心に北海道グルメを割引価格、特別価格で取り扱っています!

かにの豆知識


■蟹の種類
蟹は、雄で満5歳までは1年ごとに脱皮し、その後は2年おき以上に間隔をおいて脱皮します。満7〜8歳で甲長が10cm程度になります。日本では資源保護の観点から、甲長が8cm未満のものは捕獲を禁止されております。つまり、5〜6年を経たものでなければ流通していません。

その間にも脱皮を繰り返していて、脱皮後間もないものを[若](わか)、ある程度時間が経ってしっかりしてきたものを[堅](かた)と呼んで区別しています。

蟹を細かく分類すると、全世界でみると5000種類以上もあり、日本の海域で生息している蟹だけをみても1000種類以上いると言われています。そんな蟹の種類は大きく分けて2種類です!

歩行方法や、足の本数などからヤドカリ類とカニ類に分類できます。

売れ筋商品

毛がに・魚卵セット

毛がに・魚卵セット

3大かに満腹セット

3大かに満腹セット

【訳あり】生ズワイ脚カニしゃぶ1kg

【訳あり】生ズワイ脚カニしゃぶ1kg

 

かに三昧満腹福袋Aセット(ボイル)/3種・合計1.5kg(姿ずわいがに・毛がに・たらばがに脚)

かに三昧満腹福袋Aセット(ボイル)/3種・合計1.5kg(姿ずわいがに・毛がに・たらばがに脚)

毛がに 2kg(400gX5尾)

毛がに 2kg(400gX5尾)

【北海道産】身入りたっぷり!ボリューム満点!蟹の女王まるごとずわいがに(ボイル) 約800g×2ハイ

【北海道産】身入りたっぷり!ボリューム満点!蟹の女王まるごとずわいがに(ボイル) 約800g×2ハイ

 
 

かにの豆知識 その2


■タラバガニ
たらばかには、「蟹」と呼ばれていますが、分類学上は蟹ではなく「ヤドガリ」の仲間になります。ハサミと足を合わせて8本しかないのが、蟹との違いです。北海道のタラ漁場と同じ海域でとれることから、このような名前が付けられました。体の身は少なく、足を食べるのが主流。しかし足を広げた長さが1mを越えるものもあり、大きなものを求めると、刺身や焼きかに、鍋物といくつも楽しみ方ができます。

■花咲がに
花咲がにもたらば蟹と同じく、「カニ」ではなく「ヤドカリ」の仲間です。茹でると殻が鮮やかな赤に変わるので、その変身の鮮やかさから「花咲」という名がついたと思っている人も多いはずですが、主な漁場である根室半島の旧名である花咲半島という、地名からついた名前です。殻が固く、食べるのに苦労しますが、味はたらば蟹に負けないくらい濃厚で人気は衰えません。この蟹の旬は、夏。蟹は冬だけのものではないのです。

■ズワイガニ
日本海で収穫できるズワイガニは山陰地方から北陸地方の水深約200m〜600mの深海にかけて生息しています。深海域に生息するため、脱皮、季節移動、寿命など生態の解明は十分におこなわれていません。かに料理で主に食される500gから1kg超えの蟹は雄ガニで山陰地方では毎年11月から3月のみ漁が解禁となります。ズワイガニでも蟹漁船の漁場によってブランド名が付けられていて兵庫県津居山港に水揚げされる蟹は「津居山蟹」、京都府間人港に水揚げされる蟹は「間人蟹」、福井県越前港に水揚げされる蟹は「越前蟹」と呼ばれています。山陰地方では別名「松葉蟹」と呼ばれる事もあります。各港によって蟹足に「タグ」を付けて各地域でズワイガニのブランド化を計っていますので各港のタグを集める蟹ファンもいるほどです。 味・価格の面でも頂点に立ち「冬の味覚」の王様でしょう。

おすすめ商品

【数量限定!驚愕のプライス!】豪華三大蟹詰め合わせ(ボイル)

【数量限定!驚愕のプライス!】豪華三大蟹詰め合わせ(ボイル)

●船を丸々一艘チャーターし、さらに中間コストを徹底排除!
●この時期だからこそ、実現した大・大特価!
●今年のかには国産・稚内産をお届けします☆

【いろんな蟹を楽しめる!】かにセット(花咲がに、たらばがに、毛がに)

【いろんな蟹を楽しめる!】かにセット(花咲がに、たらばがに、毛がに)

かにの豆知識 その3


■紅ズワイガニ
兵庫県・香住港や鳥取県・境港は紅ズワイガニの水揚げが多い港として有名です。紅ズワイガニはズワイガニと比べると水深450〜2,500mとかなり深い場所にすむ深海性の蟹です。蟹の身の肉質や味は、松葉がに似ていますが、松葉がにより肉質の繊細さには少し欠けるものの水分のやや多い甘味のあるジューシーな身の蟹です。ズワイガニと比べると紅ズワイガニは、からだ全体がオレンジ系の紅色をしています。又松葉がには、表(甲羅側)は薄い茶色で、裏(腹側)は白色か又は淡い黄白色をしています。調理方法としては「茹で蟹」がもっともノーマルな料理になりますがお刺身やしゃぶしゃぶとして調理する事も可能です。蟹料理で有名な丹後地区も近年、紅ズワイガニ漁で有名な兵庫県・香住漁港に揚がる紅ズワイガニを春と秋の観光シーズンにお召し上がりいただく事もできます。

■松葉蟹
松葉蟹は山陰・丹後地方の日本海側の京都府、兵庫県、鳥取県、島根県の港に水揚げされるズワイガニの別名です。福井県では越前蟹とも呼ばれています。また北海道や外国産のズワイガニと種類は同じです。では何故ズワイガニが松葉蟹と呼ばれるようになったのかは幾つかの説があって、活きた松葉蟹の足身を氷水に入れると松葉のようになるからとか、昔々漁師が蟹を茹でる時に松の葉を使って茹でたから等言われています。

おすすめ商品2

生ズワイむき身まるごとカニ2匹分1Kg

生ズワイむき身まるごとカニ2匹分1Kg

★身入りの良い正規品です!!訳あり品ではありません。
★カニ好きにはたまらない豪華カニ料理が自宅で簡単に!!
★面倒な殻むき等は済ませました。食べたい時に流水で軽く解凍するだけの手軽さ!
★国内(北海道)加工なので安心

北の逸品海鮮御前

北の逸品海鮮御前

かにの豆知識 その4


■セコガニ
セコガニとはズワイガニの雌の山陰地方での呼び名です。コッペガニやせいこがにと呼ぶ地域も山陰地方にはあります。メスガニはオスガニに比べ甲羅の大きさも非常に小さく昔から丹後地方の冬のおやつとしても食されていました。セコガニの特徴は蟹通の間では常識の「内子」と「外子」です。体内にある卵巣「内子」はコリコリとした食感と綺麗なオレンジ色をしており御飯のお供には最高の食材です。外子は、内子にはないプチプチした食感が最高でお醤油を少し付けて食すと最高です。またメスガニはオスガニに比べ資源保護の為収穫できる期間が11月初旬から1月初旬と約2ヶ月しかない為に最近は蟹の本場、日本海丹後地方でも重宝される蟹になりつつあります。

■毛蟹
身が多く、みそも美味しい、殻が柔らかいので食べやすいです。蟹を食べ出すと無口になりやすいですが、この毛蟹を食べ始めると時は、さらに夢中になるといわれます。北海道の毛蟹が特産品として有名になったのは、戦後のこと。戦争の影響で商品がなくなってしまった長万部駅の立ち売り業者が、それまで顧みられることのなかった毛蟹を茹でて売るようになったのがきっかけとなったそうです。それまでは、鰈の漁に使う網を痛める邪魔者として扱われていました。現在では、北海道での毛蟹漁は、漁期、漁獲量が厳しく制限され、資源確保に努められています。

相互リンク集

上に戻る

キャンペーン

通販(通信販売)の案内

tracking

アンチエイジング